カテゴリー
Design

ディスレクシアとフォント

一番最後の項に書かれている、ディスレクシアへの効果は、結果論だとしても、におけるの大事な機能だと思うのであります。Wikipediaによると、アメリカでは10%程度の人がなんらかのを有しているという話もあります。
日本ではあまり研究されておらず、社会的な実態調査や実情の把握も成人のディスレクシアの判定法も確立されていない状況のようです。言語によって現れ方が異なるという論もあるようですので、英語の解決策が日本語で有効に使えない可能性もあります。
健常者でも体験できるゲシュタルト崩壊もディスレクシアの1つらしいですが、体感できる場面はかなり限定的ですし、的にはその状況になった時は空中に放り投げられたような感じで、それを何かによってリカバーできるのかというところまでが回っていないのが正直なところです。(一度それから目を話して、一定を空けて再度見ることで解決している)
仮にもしグリフので問題が解消するとしても、日本語の場合はグリフ内の漢字など起因要素がたくさんありそうで、対応はとても大変そうです。(ひらがな、カタカナは形状的にそういう問題は少ない印はありますけれど)