カテゴリー
Life

ううむ

こどもが心を開く親の話し方

子どもを叱る時、どんな叱り方をしていますか?以下にあげる10種類の叱り方に覚えはありませんか?
①責める
例:「何度汚い足で家にあがるなって言ったの。どうして、いつもそうなの。お母さんの言うこと全然聞かないんだから。」
にする
例:「なんて行儀が悪いの。本当に汚いんだから。」「が汚いじゃないか。本当にと同じね。」「またたの?馬鹿ねー。」
③脅し
例:「もう一度やってごらん。おをたたくから。」「3つ数えるまでに着替えられなかったら、置いて行くからね。」
④命令
「今すぐ部屋を片付けなさい。」「今すぐ着替えなさい。早くして!」
⑤長と講義する
「人の手から急に本を取るなんて、お行儀悪いでしょ。あなたは、マナーというものが、どんなに大事だかわかってないのね。もし、他人に丁寧に接してほしかったら、まずあなたがそうするべきでしょ。他人があなたに同じことをしたらどう思う?他人にしてほしくないことは、あなた自身がしないの。」
⑥警告する
「危ない。やけどするよ。」「気をつけて、車にひかれるよ。」「そこに登るんじゃないの。おっこつわよ。」「セーター着なさい。風邪ひくでしょ。」
⑦犠牲者的発言をする
「この白髪見なさい。苦労ばっかりさせられるから真っ白になっちゃったじゃない。」「自分が親になれば、が、どんなに大変かわかるよ。」「あなたのせいで、病気なりそう。」
⑧比較
「お隣○○ちゃんを見習いなさい。」「リサちゃんは、なんて行儀がいいんでしょう。今までお行儀が悪いところ見たことがない。」
⑨皮
「明日テストがあるのわかっているのに、教科書本を学校に忘れてきたの?なんて頭がいいんでしょう。」「学校にそんなの着ていくの?きっとみんなに誉めらるよ。」

「成績のことで嘘をついたでしょ。そういう子は、大きくなったらどうなると思う?誰も信じない人になるんだよ。」「自分勝手でも結構。誰も、あなたみたいな子とは遊んでくれなくなるよ。友達が一人もいなくなっちゃうからね。」

結構やっていることがある・・・。ってか全制覇か?
気をつけよう・・・・って他にどういうやり方があるねん?!っつー話ですわ。
自分が子供の時にどう言われて、どう感じていたのか?がまったく思い出せない。
しかし何のために子供に心を開かせる必要があるのか?というのは正直よく分からないよな。それってもしかしたら親の自己満足かもしれんしね。心を開いたことが幸せ(定義は不明)に繋がるか?ってのは全く保証無いしね。

「ううむ」への2件の返信

ほぼ言われて育ってきた気がする。
親にココロを開いてきたか?と言われると、わかんないけど、でも別に親にだけクローズだったかと言うとそうでもないかも。

我が家は比較的荒れていた方だと思うのだけど、一応法律を犯さない範囲でなんとか生活できてるよ。
親に心を開いたかどうか?はわからないなぁ・・・それっぽく振舞っていただけかも知れない。自分でも良くわからないな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です