カテゴリー
Develop

Molehillメモ

1)MovieClipにisPlayingプロパティが追加になっているので、ProgressionのExMovieClipのisPlayingに”override”追加。
2)JSONクラスがルートクラスで追加されたので、”com.adobe.serialization.json.JSON”を使ってる場合、フルパスに書き直すか、クラスを切り替える。
新しいJSONクラスのメソッドは以下の二つ
JSON.stringify(value:Object,replacer:*=null,space:*=null):String
JSON.parse(text:String,reviver:Function=null):Object
個人的にはメソッド名を同じにしてくれておいてくれればよかったんじゃないかと思うけど。
(com.adobeなんだし・・・)
とりあえず目についたのはこの2つ。
ちょっとExternalInterface周りで少し怪しい感じがするところがあるけれど、そこはおいおい。
3D関係は、もっと詳しい人達のブログを参照してください。
Ref.馬鹿全
Molehill | ClockMaker Blog
cellfusion blog » Molehill のローレベル API で遊ぼう
環境整備は馬鹿全 – FlashDevelop + FlashPlayer11(Molehill) + Away3D 4.0 Alpha での遊び方この辺を参考に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です