カテゴリー
Develop

disposeしたbitmapDataの確認

embedしたbitmapDataを再度使用したい時、dispose自体はnullにする動作では無いために、bitmapDataインスタンスは存在した状態になっている。つまり

ってなやり方では、しれっと何も表示されないので、以下のように例外処理を利用して判定する。

ちなみにdisposeの挙動としては

BitmapData.dispose() は、実際のビットマップデータが占めていたメモリ領域を即時に解放します(ビットマップは最大で 64MB のメモリ領域を使用します)。BitmapData.dispose() を使用した後は BitmapData オブジェクトを使用できなくなり、BitmapData オブジェクトに対して関数を呼び出すと、Flash ランタイムから例外が返されます。ただし、BitmapData.dispose() では BitmapData オブジェクト(約 128 バイト)のガベージコレクションは行われません。実際の BitmapData オブジェクトが占めていたメモリ領域は、ガベージコレクターによって BitmapData オブジェクトが回収された時点で解放されます。

な感じになっている。
ま、今更なんの話だ?っつー感じではあるのだけど・・・
もし汎用的に参照する必要があるのであればgetter化してしまえばいい。

こんなの。
しらんけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です