カテゴリー
未分類

ルドルフ・シュタイナー

4480058729.jpgシュタイナー入門
の哲学」、「人智学精」で有名なですが、私は昔「バウ」経由でこの人を知りました。最初の印象はオカルティストという感じだったのですが、まぁ結構面白い。略歴としてはこんな感じ

(Rudolf Steiner, 1861年2月27日 – 1925年3月30日)は、アントロポゾフィーあるいは霊学の創始者。オーストリアのドイツ人鉄道員の子供としてハンガリー(現在のクロアチア)で生まれで神秘思想家、家、教育者としても有名。ドイツ語圏では、まずゲーテ研究者としてトし、1900年代から神智学協会で活動していたが、協会幹部との方向性違いにより1912年に同会を脱退、同時に自ら人智学協会を設立した。
ref:ルドルフ・シュタイナー – Wikipedia

この辺、一歩間違えれば・・・みたいな雰囲気はありますw ただ昔この人がいた絵(エポックノート)とか見たことがあるのですが、なんか「あーー!わかる!」ってな感じで非常に共感した覚えがあり、それいらいの片隅にひっそりと居座っておりました。(これは近年話題になっているマインドマップに似ている気がします)
で、このシュナーは学校も作っております。一般に「シュタイナー教育」と呼ばれているようです。世界中に存在しているようですが、この学校の教育方針が通常のそれと間逆というか、おおらかというかなんか「知識」よりも「心」に重点を置いた教育方針のようです。ただちょっと宗教じみているのが怖いんですけどね・・・。ま、ちょっと的に少し勉強してみようと思います。
ドイツの学校とシュタイナー教育
NPO法人京田辺シュタイナー学校
ルドルフ シュタイナー シューレ, 富士