カテゴリー
Life

予測?

国の調査委員会(津村建四朗委員長)は26日夕、臨時会を開いた。今回の十勝沖地震について地震調査委は、「プレート境界型地震」だったと判定し、今年3月に「東方沖で今後30年以内にマグニチュード(M)8.1前後の地震が60%の確率で起きる」と予測した地震に相当するとの見解をまとめた。

予測かぁぁぁぁ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です