カテゴリー
2007 Travel

下田の浜辺で泣き叫ぶ / 下田探訪#1

家族で一泊二日で行って来ました。
今回の目的はartsさんに教えてもらった下田海中水族館のイルカです。昔San diegoでイルカを触ったことはあったのだけど、あれは一緒に水の中に入っていたわけではないので、今回の一緒の水の中に入って触るというのはまた違った感覚なのかなとワクワクしております。
070831a.jpg
ここのところ毎日徹夜状態で実際いけるかどうか直前まで分からなかったので、ホテルも電車も全部当日朝に予約。で、朝9時に家を出発してスーパービュー踊り子に乗り一路下田へ。金曜日早朝にもかかわらず予想外に満席のため、まとまって席が取れず、家族はバラ。
しかし子供はハイテンション
隣の席の人は夏木マリのようなキャリアウーマン
しかもすでに就寝体勢・・・汗
とてもハイテンションの子供と一緒には座れない・・・。
殺されるかも知れない・・。
ということで子供と一緒に電車の中を放浪していました。
神の慈悲か、最後尾の車両に子供専用エリアを発見!(2階車両の1階部分がクッション張りの子供ルームになっていた)そこで子供を放流しつつ、1時間ぐらい遊んでいました。
伊東あたりでお客さんが結構降りていったので、やっと空いた席で家族でまとまって着席。ここで一休みできるかと思ったら、子供は相変わらずハイテンション。眠れません。しかもポンポン痛くなってきました・・・。ここのところ睡眠が少なくて眠くて体調も崩れ気味であります。
途中、行き違う電車に乗っているお姉さんに手を振ってもらったりして、ますますハイテンションのマイソンは結局一睡もせず下田に到着。駅からホテルの送迎バスに乗って一路ホテルへ。


今回宿泊するのは「黒船」という名前のホテル。なんかラブホテルのようなネーミングですが、由緒正しいホテルのようです。(失礼)
070831g.jpg
070831f.jpg
部屋も15畳位ある立派な部屋だし、眺めも窓一面海で非常にくつろげました。
で、ホテルについて海に行ってこようということで、タクシーに乗って外浦海水浴場へ。
まぁもう夏もわりなので人影はまばら。ちょっと哀愁デート。でも砂質良いです。ごみも少ない。
マイサンは砂浜を猛然と奇声を上げながらダッシュ
しかし波のが聞こえた瞬間ハタと動きが停止。
7月の江ノ島で波を怖がっていたが、やはりまだ怖いのか?
070831b.jpg
(腰引けすぎ)
070831c.jpg
(嫁と二人揃って海に入ってみたら、ものすごく泣きました・・・)
二人で海に誘導してみるも、ギャンギャン泣いてしまってどうしようもない。
仕方が無いので海から離れたところで砂遊びをして帰りました。
ホテルに戻った後、お父さんは疲労のためバタンキュー
その間嫁さんと子供は二人でホテル内のプールへ。
070831d.jpg
(1歳で伊勢海老とかメタボリックまっしぐら)
18時ごろに事開始。やはり子供がいると大変なので、部屋出しにしてもらいました。
食事は伊勢海老祭りという感じで、伊勢海老の料理が数種類出てきました。
的には金目鯛の煮付けがヒット。やっぱ金目とかメバルとかおいしいです。
ひとしきり料理を食べて、そのあと館内をプラプラ
070831e.jpg
(初めての浴衣)
1階にはバーだとかカラオケだとかゲームセンターだとかあるのですが、人影はまったくなし。
廃墟のような面影。まぁ金曜日だからなのかも知れません。
ゲームセンターは真っ暗で休業中みたいな状態だったのだけど、部屋に入っていったら突如がついて室内のゲームが機が作動開始。けたたましいと光の点滅の世界へ・・・。
センサーだかなんかで操作しているのかもしれないですが、ちょっとしたホラー映画です。正直ちょっと驚いた。心臓悪い人は要注意です(俺か!?)
ゲームセンターでもぐらたたきの実力を示し、エアホッケーで嫁を撃破し、ダンスダンスレボリューションで華麗なステップを決め、家長の威厳を保った後に、お風呂へ。(実際子供は引き気味でしたが)
露天風呂から海を眺めつつ、残してきた仕事のことを考えました(遠い目)。
1日目終了!

「下田の浜辺で泣き叫ぶ / 下田探訪#1」への2件の返信

下田は金目鯛美味しいですよね。
金目漁をしている人たちが多いようです。
黒船ホテルは下田では古くからあるホテルですね。祖父は先代と仲が良かったみたいですが・・・残念ながら僕は中に入ったことがありません。
なかなかのところのようで・・・良かったです。

金目鯛が多いということは岩場が多いんでしょうねえ・・。釣り場としては非常に興味深いであります。
次の日教えてもらった水族館に行ったのですが、まだそのエントリーは書けておりません・・。でも良かったです。ありがとうございますう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です