カテゴリー
Society

長野聖火リレー色々

チベットの問題についてこんな記事を見つけました。
チベット問題は、『明日は我が身』の問題です:イザ!
日本も遠くないの領土となるのかもしれません。
さて、先日の長野の聖火リレー。ニュースでは特に大きな混乱も起こらなかったような報道でしたが、とネットを見ているとの報道とはかなり異なるレポートやがアップされてきています。(リンクは追記で)
また日本にいる中国人の人たちにも長野への集合が強制されていたような記事もあります。不参加者は記録され、現地でもなどによってされてチェックされていたような雰囲気です。
大変なことになってしまいました!:イザ!


先日のエントリー(apeirophobia: 聖火問題)で、「先進国に対抗するすべが無いのかもしれないってのを彼らはわかっているのかも知れない。」というようなことを書きましたが、色々読んでみるとどうも戦前戦中の日本にあった特高、隣組、非国民のような国民監視が強く機能しているのかもしれません。
もし監視されているのだとすれば、当然現場でもチベットの旗を無視するわけにはいかないでしょうし。アピールしなくてはいけません。そうだとすると一種異常に見える今回の騒動もなんとなく納得がいくのかもしれません。
日本が同様の状況になったときにここまで全国民が一致団結することはないでしょう。
それを国としての力として考えたときに弱いという言い方もできるかと思いますが、これまでの上の過ちだといわれている事例(過去の日本の戦争など)を鑑みるとやはり100%賛成という状況は一歩間違えれば危険な方向に自分たちを導いてしまう可能性が高く(これは完璧な人間がいないということに由来するのでしょうが)、それなりの自己批判(批判じゃなくても良いですが、自らを省みる)も内包しているべきだと思います。(今の日本がそうなのか?と言われると疑問ですが)
実際日常生活の中で接する中国の方の姿と、この聖火リレーでの攻撃的な姿を一致させるのはとても難しいように思います。一対一ので接しているときと異なる状態に導く何かしらの力。それが単に集団心理の影響なのか、統制によるものなのかはわかりませんが、とても恐ろしく感じます。
今回日本のマスコミがこれらの事件を取り上げなかったのは何故なのだろうか?
まさか日本におけるオリンピックの経済効果を下げないためだとしたらちょっとウンザリする。
個人的には日本も中国を声高に批判できるほど立派な国でもなく、色々解決しなければならない人権問題はたくさん持っているという意味で、チベット問題の盛り上がり方に関しては少し引いた目で見ているわけではあるのだけど・・。これが一過性のものではなく継続されると良いなと思います。
[mixi] 世界最低の国、日本
YouTube – Chinese teared a placard in Nagano torch relay
[mixi] 反中国共産党 | 【流血事件】虐殺大国「中国」サポーターに強打され
[mixi] 反中国共産党 | お年寄りを襲う中国人留学生
YouTube – 中国人集団が長野駅前モニュメントを不法占拠
YouTube – Free Tibet protests in Nagano torch relay
長野聖火リレー 長野駅前 チベットvs中国の抗争場面‐ニコニコ動画(SP1)
長野聖火リレー 中国人が堂々とハコ乗り&市民が何もしない警察に抗議‐ニコニコ動画(SP1)
YouTube – 長野聖火リレー 若里公園のチベット閉め出しについて問い正してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です