カテゴリー
未分類

みどり違い

ライブ!!: ミドリ
ミドリのライブ盤が来月リリースされるんですが、Amazonの紹介文が・・・・。

カーネギーホール100周年の記念シーズン行事の一環として行われた、五嶋みどりのニューヨークでのデビュー・リサイタルのライヴ盤。あまり知られていないことかもしれないが、みどりはベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲を極めて重視しており、「毎年必ずどれかのソナタは演奏するようにしている」という。ここで冒頭の曲目に「第8番」を取り上げていることにもそれは表れている。さっそうと風を払うような情熱と気迫、物思いに沈むような瞑想、そうした内面的な振幅の激しさこそが、みどりの得意とするところ。・・・・・(つづきはAmazonで)

最初ネタかと思って読んでいたが、最後まで五嶋みどりのまま押し通されてしまった・・・・。
まだまだAmazonのシステムも不具合があるっぽい。
まぁこんなのこれ(apeirophobia: 白雪姫、逝きます!)に比べれば可愛いものだけど・・・。
話は少し五嶋みどりの方に逸れますが、彼女の逸話として有名なものに、

2歳の時、ヴァイオリニストであった母・五嶋節が数日前に練習していた曲を正確に口ずさんでいた

と言うものがあります、マイソンには絶対音感はかけらもなさそうです・・・・残念!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です