カテゴリー
Software

firefox起動が遅すぎるのでチューニング

Firefoxの起動が尋常じゃなく遅く、終了の時にエラーが出て正常に終了ができなくなったりで、最近はChromeを使っていたりするのですが、Gmarksとか、SyncとかFirebugとかFirefoxで使っているので、重たい腰を上げて諸々チューニング。

SQLite Optimizerの設定変更

firefox終了時に”chrome://sqlite_opt/content/storage.js:8″というエラーがでてハングしてしまうのはこれの設定が原因。
設定で終了時の処理をすべてOFF。SQLのREINDEXをして肥大化を防いでくれるので定期的に主導で実行することにする。ただ主導処理でもエラーは出ますが、何度か続行処理すると終了します。多分遅延処理によるエラー。
ツール>オプション>詳細>更新
「次のソフトウェアの更新を自動的に確認する」のチェックを全て外す。理想は更新チェックの期間を設定できたらよいのだけど、そんな機能は無いみたいなので手動で。

これだけでも起動はかなり早くなりました。あとはSyncに絡む部分のチューニング。

履歴の管理
ツール>オプション>プライバシーで、「記憶させる履歴の詳細設定」で色々設定。ダウンロード履歴とかはいらないので保存しない。表示ページの履歴も10日ぐらいあれば十分。入力履歴やcookieはまぁ個人の用途に合わせて。

Syncでやり取りする履歴情報は、各マシンの設定などに依存する可能性があるので、一つその辺の設定があまいマシンがあるとその煽りを受けて起動時に負荷がかかる可能性はあります。が、ちょっと今日はここまで。

とりあえずこれでかなり快適になりました。

「firefox起動が遅すぎるのでチューニング」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。