カテゴリー
未分類

戦争の終わり

ワンピース。マリンフォード決戦。ここで尾田栄一郎は少年漫画誌で稀に見る戦争の描き方をしたと思う。
目的を失い暴走する暴力。
勝者こそ正義。
赤髪が調停に入ることにで目的を失った戦いはやっと収束する。
守られたものは一体何か?
ルフィーを希望のアイコンにすることでかろうじて少年誌としての対面を保たせていたが、非常に際どい構造的な部分にまで踏み込んだ描写だったように感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です