カテゴリー
未分類

女子攻兵

松本次郎は大友克洋、宮崎駿、士郎正宗、松本大洋らの要素を併せ持った素晴らしい作家だと思う。
絵、ストーリーも素晴らしさもさることながら、情景、心象描写のアングルのとり方、フォーカスの仕方、バランスのとり方が秀逸。結果、説明抜きでその世界の存在を認識させ、取り込んでいく。
今回刀系の武器がでてきたことで、更にアクションシーンの躍動感、スピード感が上がって、ものすごいことになっており、たまらないス。
地獄のアリスもとてもいいス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。