カテゴリー
Software

Windows updateでブルー・スクリーン

2014-08-19-09
ブルースクリーンが2014年8月のWindows Updateで発生・起動不能の可能性、マイクロソフトがアンインストールを推奨 – GIGAZINE
木曜日からマシンを起動し続け日曜の夜中に作業が収束したのでShutdown。月曜は自宅作業で、火曜日出社してマシンを起動したらブルースクリーンの繰り返し。
セーフモードも全部アウトで、再インストールを覚悟。
事務所で使っているマシンはHP製のため、HPの復旧ディスクから再インストールしようとしたら、「システムの復元」というメニューが出てきたので、そこからUpdate前まで復元して復旧。
通常のWindowsインストールディスクで同様に復元できるかはちょと不明。
ただしWindowsの終了ボタンには「Update」アイコンが表示されており、Shutdownと同時に自動でUpdate適用されそうな雰囲気のため、マシンは起動したままの状態であります・・・汗
とりあえずこの状態で作業をしつつ、MSが問題を解決してくれるのを待ちたいと思います・・・


とりあえずシステムの復元というメニューで、Update適用以前の状態を選択して復元
2014-08-19-10.36
最後、復元できませんでした的なエラーが出たけれど、その後ログイン画面まで到達して、なんとかログイン+作業出来る状態に・・・(ただしWindowsの終了ボタンにはUpdateアイコンが表示されている・・)
2014-08-19-10.39
ちなみにサブ機のMacもインストール済み。(しかし再起動してない)
こちらはBootcampが絡むので、この症状になったらちとややこしそうな予感・・・。
事前にUpdateを取り消したいところ・・・
PS
Macbookの方は以下2つがインストール済みだったのでアンインストールして再起動で無事起動しました。
・2982791 [MS14-045] カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2014 年 8 月 12 日)
・2970228 Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Windows

「Windows updateでブルー・スクリーン」への1件の返信

ということで、該当するインストール済みupdateをアンインストールして、MacBookを再起動する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です