カテゴリー
未分類

生きているもの、生きていないもの

人間とAIの話が色々取り沙汰されているが、視覚レベルでもやっぱ違いはある。
荼毘に付された人が、生前と違って見える部分。表情や指先の動き、筋肉の張りなど。
3Dの世界ではそれが「不気味の谷」という表現になっているのは面白い。
それらは生体特有の「ノイズ」として扱われているが、現時点の科学がその効能を理解するレベルに到達していないだけで、将来、理由ある合理的な動作として認識されているかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です