カテゴリー
2011

I have the luck of the devil

大きな声では言えないが、先とあるをやらかした。
大丈夫ですよと言われたけれど、かなりんだ。
世界中の過去の事例をみても、ほぼ取り返しがつかないという報告があがっており、希望はほとんどなかったものの、粘着的にアプローチしてみた。
が見えた。
飛びついた。
取り返しがついた。
予想以上に呆気無く。
あまりの呆気無さに呆気に取られた。
何事も無かったかのように以前のサイクルに戻った。
悪運が強いなと感じた。
私を見守っている何か。
ありがとう。

カテゴリー
2011

ペットボトルとの出会い

ワイフとの会話の中で「ボトルは私が大学生の時に出てきて、最初に買ったとき感動したのを覚えている」というような話しになった。
これだと12,3年ぐらいの前の話しになる。はて、そんな最近だったっけ?
その時は自分は既に社会人で、潜水士をしている頃の筈だが、まったくペットボトルに遭遇したときの感動が無い。
ということで調べてみた。
ペットボトル – Wikipedia
これによると1967年、デュポン社でされ、日本では1977年にしょうゆの容器として使われたのが最初とのこと。を見るとかなり古い。これで言うと幼少期から一応存在はしていることになる。
しかし、飲料用の使用はNGだったらしく、それから5年後の1982年に飲料用の使用が認められたとのこと。まぁそれでも自分が小学校高学年の頃である。キリンが1985年に1.5リットルのペットボトルを販売したとある。これではワイフの記憶があわないのだが、500mlの使用が認められたのが今から15年前の1996年とある。これが記憶にあるらしい。
自分が25歳ぐらいの頃であるが、500mlのペットボトルに遭遇した感動は全く思い出せない。
なんとなしに悔しい気持ちである。
元々話の発端は、キャップのによって、使用されているペットボトル容器の性能が違う(標準温度帯用、高温度帯用、冷凍温度帯用)という話。
で、これは法律的制約は無く、業界の自主規定という記憶だったのだが、最近そういえば色々な色があるなぁ・・と思って調べてみたら、キリンやサントリーでこれが記載されていたが無くなっているようで、もしかしたらもうキャップの色で性能を判別ってのは辞めたのかも知れない。(カラーリングによる表現の先したのか、容器の性能が上がったのか・・・)
参考)ペットボトルのホット専用は、ボトルのキャップが黄色って決まっているんですか?? – Yahoo!知恵袋
一応ボトルにきちんと「ホット専用」とかいてあるから、それで判別せい!という事なのかも知れない。
ちなみにマイソンの水筒は、一度きちんと購入したが1日で破壊したので、それ以降ペットボトルにストローの口をつけたものが使用されている。保温性とかもカである程度担保できるし、も安いし、取り替えも自由でとても便利である。
どうでも良い四方山話。仕事しろ!

カテゴリー
2011

弐号

DSCF0909
ゆらゆらとおすわりはできるようになりました。
が、寝返りはまだです。

カテゴリー
2011

近状

何故かプレゼン資料でののサンプルに使用されることの多いこのブログ。
しかし最近自分でエントリーをく余裕が無く、もっぱらDeliciousのログのばかりです。
こんなブログ使いにくいかと思いますが、まぁ3月ぐらいになれば復活するかと思います。
というか新年のご挨拶をしておりませんでした。
新年一発目の手動投稿がウシジマのCDROMのエントリーでした。失礼しました。
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。
小生今年で不惑の40歳になります。
不惑なんて想像できませんが・・・(-_-;)
マイソンは元気です。先日5歳になりました。
保育園で複数人のの子にチューされたとか、女の子が自分によりそってくるとか変な自慢をしております。人生で3つあるというモテ期を既に消費している感じです。勿体無い。モテ期はもっと先に残しておくべきだと思います。そんなにイイ男ならば、店長のようになって、がっつり家計を助けてくれれば良いと思います。
クリスマスプレゼントでベイブレードを買ったのですが、それに熱中しております。
なにやらセッティングを変えて、その特性について説明してくれていますが、まぁあながち間違ってない解説で感心しております。自分が5歳の時にそんなおもちゃがなかったのでよく分からないですが、特性を試行錯誤させるというなかなか興味深いおもちゃです。
マイソン弐号はボチボチ元気です。
初号と違って良くをします。などはやっと通常のレベルになりました。(普通に産まれていたらもっとでかくなっていたかと思うと、少しゾッとします)周囲の状況に応じて笑ったり困ったりしていてとても可愛いです。やはり6ヶ月目からの可愛さは留まるところをりしません。
最近は初号のコントみたいなよく分からないのがお気に入りらしく、それをみて大笑しています。
ワイフと自分がやっても少笑いってな感じです。子供のツボは子供が知っているという事なのでしょうか?
犬たち
プリンは先月ちょっと足を痛めました。病院に連れていったところ、そもそも子供のような体型が奇形に近く、骨などがかなり特殊な形状をしているらしい。年齢も年齢ですし、最近ヨタヨタしています。くま太は元気です。ストーブの前をいつも強引に確保しています。歳相応の落ち着きを見せております。食欲は相変わらず旺盛です。
カメ
冬眠はしてませんが、かなり動きは緩慢です。
仕方ありません、変温動物ですから。
最近のお仕事としては
YouTube – homesparty’s Channel
とかそんな感じです。
こんな感じで生きています。
かしこ