カテゴリー
Ads

広告合戦


こういう相手を貶めるようなは日本ではあまり見ない。
国民性の違いなのかわからないけれど、外でこの手の広告はどのように受け止められているのだろうか?
当事者含めてユーモアとして好意的に受け止められているのだろうか?
それとも、周りはニヤニヤしているが、当事者は烈火のごとく怒り狂って訴訟と発展したりするのだろうか?
気になる・・・。

カテゴリー
Ads

コロンブスの卵

ADテック九州のA/Bテスト系のトピックで「博打要素の大きいよりも、検証の地道な積み重ね」的な話を読んだ。科学的に統計に基づいたによる実績の向上に関してはためになる部分は多かったが、端に織り交ぜられた「企画不要」な主張から滲む強いルサンチマンで、全体の印が「あぁ々あるんだなぁ」となってしまったのが残念である。
そもそもにおける「A/Bテスト」自体が運用サイクルにおける「改善・評価」のイノベーティブな企画だったと思うが、そこを無視して「A/Bテスト」範疇にとどまった視点から「企画」批判している部分が、「コロンブスの」的な印象。

カテゴリー
Ads

ワンダーコア


ナンセンス+反復の構成
飯に近い
ノリは好きだけれど、対商品のサイズと値段から、この方法が売上につながるかは疑問を感じる

カテゴリー
Ads

楽しいは楽しい


なぜだか泣けてくる。
楽しいを楽しいと感じられる
楽しいを楽しいと表現できる
いつまでもそんな人間でありたいと思った
Via.ワルな中年5人組をディズニーランドに連行すると? | コタク・ジャパン

カテゴリー
Ads

Cannes Lions International Festival of Creativity 2014

気になったものメモ。

Alvio「QOL」:ぜんそくの子どもが吸引機をうまく使えるように、で呼吸トレーニングする

Honda Motor「Sound of Honda / Ayrton Senna1989 」:言わずと知れたセナのあれ

‘Happy ID’ Coca-Cola:幸せはまず笑顔から!

カテゴリー
Ads

献血の大事さを携帯の充電を通して気づかせるプロジェクト


素敵ですね。
これで献血量が増加しなかったら、ケーブル費がになるのですが、そこはやってみると。
近年のなどで語られるプロセスではなかなかこういう「気づかせる」的なが通らないような気がします。不確定要素が大きい、つまり博打要素が強すぎるってことなんでしょうけれど、献血をすると何かがもらえるとか、どうしてもユーザのみたいな直接的なものに発想の基点を置いてしまいがちというか・・・
あくまで的な印象です。
が始まっていますが、こういう企画が賞をとってくれると良いなあと思います。
Via. 1ヶ月で献血者が335%増加! “スマホのバッテリーを分け与えられる”充電ケーブル | AdGang

カテゴリー
Ads

のどごし〈生〉カンフースター篇


このシリーズはとして面白いのだけど、一般に受けるレベルのクオリティはこれぐらいかもしれない。
趣味嗜好の細分化した現代に、その他一般に共感されるというのはなかなか難しそう

カテゴリー
2012 Ads

顔出し看板

顔出し看板で記念撮影! WWGB×IMPOSSIBLEのインスタレーション « WIRED.jp
ツルカメ2周年の時に顔出し看板を作りたかったりしたんだけど、との関係で断念したりしたわけだけど、的には今のからのShare文化には顔出し看板が最強だと思っていたりする。
やりたいことの一つ

カテゴリー
Ads

heartstrings


今年のスーパーボウルで流れたクライスラーの
自体かなり琴線に触れる構成になっているのだけど、それに加えて日本人には分からない人にとっての産業への思い入れがかなりあるんじゃないかなと思う。
こういうの日本人だとなんだろうな・・・?
クライスラーのCMが話題な理由 | @momomagazine | BLOG | HIDDEN-CHAMPION.NET | 「ヒドゥン・チャンピオン」

カテゴリー
Ads

家族

すき家が描く家族は、誰の理想の家族像なのか?