カテゴリー
Develop

syntaxhighlighterを入れてみるの巻

ブログに記述したコードを自分で後でみても良く分からないぐらい汚いのでsyntaxhighlighterを導入することにしてみます。
1.まずsyntaxhighlighter – Google Codeからダウンロード
2.解凍して出来上がった”dp.SyntaxHighlighter”をサーバにアップ。(オデの場合はブログでサブドメインになっているので、そのサブドメインのドキュメントルートにアップ)
3.syntaxhighlighterのCSSを追加する。Movable Typeだとメインページ以外にもアーカイブ系にも追加。

以下他にも色々追加しないといけないので、Movable typeだとモジュールで追加した方が楽かな?ということで以下モジュールベースで話を展開。
4.”module.SyntaxHighlighter.txt”というテキストファイルを新規作成。
5.CSS設定の追加。”module.SyntaxHighlighter.txt”に以下の一文を記述。

6.使用言語のshBrushスクリプト(パーサー?)を”module.SyntaxHighlighter.txt”に追記。
種類は

  1. shBrushCpp.js :C++
  2. shBrushCSharp.js : C#
  3. shBrushCss.js : CSS
  4. shBrushDelphi.js : Delphi
  5. shBrushJava.js : Java
  6. shBrushJScript.js : JavaScript
  7. shBrushPhp.js : PHP
  8. shBrushPython.js : Python
  9. shBrushRuby.js : Ruby
  10. shBrushSql.js : SQL
  11. shBrushVb.js : Visual Basic
  12. shBrushXml.js : XML
  13. shCore.js : COREこれは必須っぽい

といったところ。自分が使用するであろう言語だけ追記。XMLだけ使う場合はこんな感じ。

7.クリップボードコピーの定義。Flashを介在してクリップボードにコードをコピーしているらしい。そのファイルは”/Scripts/clipboard.swf”。組み込みは

カテゴリー
Develop

formatDigit

なんかいつもJavaScriptの関数作ってどこにやったかわからなくなるので、ここに保存しておくことにする。ま、Flashも基本同じ。

桁数を揃えたいときに使用。
ex)
formatDigit(412,1000);//0412

カテゴリー
未分類

window.openで開いてないウインドウの参照

ふと疑問です。javascriptでwindow.openしていないwindowとか、openerでもない、parentでもないwindowって参照できるのでしょうか??