カテゴリー
Society

イラク派兵

イラクで2名の日本人外交官が射された。イラクでは多くの兵、イギリス兵がに、先日はポーランド、、イタリアと次と派兵している国の兵士が死んでいる。もっとも同時にそれ以上のイラク人が殺害されているのだけど、それはこちらの国にとって全然重要じゃないので100人死のうが別にニュースにもならない。
その中で派兵を十分な国会答弁もせずになし崩し的に決定した政権であるが、イラクの治安悪化や、名義の予告等不安要素が増加している中での今回のこの事件。これに対して内閣は「テロに対しては屈しない」との発言で基本方針に変更のないことを強調している。
早い話が「東京でテロが起きるとしても、テロには国際正義は屈しない。東京でテロが起きておくの民間人が死んだとしても、それは正義のためであり、止むを得ない」ということなのだろう。
まーその考え方を特に否定するつもりもなのだけれど、じゃあ「国際正義」って今回どこにあるのか?がでっち上げの理由でイラクを攻撃し、未だに戦争した理由もわからない。
単純に救援といっても救援先の国民から攻撃されてなんか歓迎もされてなさそう。
なんかこっちの方が「テロ」なんじゃない?とか思ったりしてしまう。
そんなことの為に員を危険な地域に派遣し、東京を危険に晒す必要性があるのだろうか?アメリカ兵も含めて死んでいった人たちってまったくもって報われないような気がする。
派兵する前に、もう一度今回の戦争のおかしなところをきちんと見直して、それで国民に説明して納得してもらってからそういうことを決めてくれと思うわけです。
とにもかくにもなくなられた方のご冥福をお祈りいたします。

「イラク派兵」への3件の返信

なくなられた2名の外交官の葬儀が行われました。
殉職における2階級特進とか個人的に思うところは多々あるものの、そんなことよりもその葬儀における小泉首相の「涙で約20秒間も絶句した後」というのがなんかむかつく。
今のイラクの現状をわかっていれば予想される事態であり、そういう現場にこれから自衛隊を送り込もうという人間が、公式の場でそういう態度をとるなと言いたい。状況がわかってればもっと毅然とすべきだ。そうじゃなければ亡くなった二人も報われないだろう。
もし「全然そんなの予想してなかった!びっくりしちゃった!」っていうのなら自衛隊派兵とかきちんと再考してもらいたい・・・。自衛隊派兵後におそらく多くの自衛官が殉職するだろうが、そのたびに小泉首相は絶句するのだろうか・・・・。この2名の方のご家族のように悲しい思いをする家族を増やす可能性があることをもういちど再考してもらいたい。
イラク援助をするのであっても、アメリカと一緒に行動をともにすることはない。本当にイラク国民の為になる援助はもっと他にあるんじゃないかと思う。今のままではアメリカがイラク国内の利益を吸い上げるための手助けをするだけになるのではないか?(ヨーロッパはヨーロッパでEU VS USAという今後の展開の中での戦略として復興援助をしているようにも見えるし、本当にイラク国民の為の復興なのか激しく疑問を感じる。)
まー涙も絶句も演技という話もなきにしもあらずだけれども・・・。

派兵が閣議で決定されました。
現在イラクに人道的支援が必要なのはわかる。
ただし、「四半世紀にわたる圧政の下で、国土や国民生活が荒廃したイラクにおいては、今、喫緊の課題はイラク人による自由で民主的な政権を早急に樹立することです。」と同時に「先のアメリカの勘違いによる国連決議を無視したイラク攻撃による荒廃」という文章も付け加えておいて欲しい。
もうこういう状況なので良い、悪いとかの議論はあまり問題ではないのだけど、アメリカの行った戦争に対して何かしらの責任を明確に示して派兵すべきではないのだろうか?
自衛隊がイラク国民に受け入れられ、イラク国民の為に役立つ仕事をして、イラク国民が笑って生活できる環境をつくり、イラクに傀儡でない政権が誕生し、死なずに無事に帰国することを祈ります。

ピーコがテレビで言っていた言葉が非常に心に残った。
「『ふたりの犠牲を無駄にしないためにも』『ふたりの意思を継いで』という義務感で自衛隊派兵を決定するのは非常に危険だと思う。戦争というものは常に最初になにかしらの犠牲が発生し、それに対しての行動の延長に発生するものなのだから。」
こういうときだからこそ、感情や面子に流されず慎重に行動するべきなのだろう。二人の亡くなった方が与えてくれた最後のチャンスではなかったのか?
ちなみに外交官からの報告というものはかなり捏造されて閣議に報告されているという話もあり、先のイラク攻撃の際に「国連決議に反して攻撃を行うアメリカを阻止すべきである!」と川口外相に意見具申したレバノン駐在大使天木直人は8月に解雇処分を受けている。この人の著書も一読の価値あり
『さらば外務省!―私は小泉首相と売国官僚を許さない』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062121093/ref=sr_aps_b_/249-6547996-8679526

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です