カテゴリー
Develop

Flashによる不確定ブラクラの作り方

昨日探っていたクラッシュのがほぼ解明できたっぽいのでメモ。
今回の問題の内容はclass定義の際のプロパティの取り回しによってブラウザがクラッシュするものが発生するというもの。たとえば任意でclassを定義した際に、それらのプロパティを上位のとかから継承して、かつ読み取り専用ってするってのは作業分散の時によくやるパターンですが、

としたとします。これで

<として山田さんの情報をもつprofileObjectをしたときに、それらの初期プロパティ(今回は$name)をリセットするメソッドを追加したとして

とdelete をするとブラウザがクラッシュする場合があるということです。今回はこの部分を単純に

にすることで回避しました。今回は自分の環境ではまったく動作に問題がなかったので、切り分けにがかかった+十分な検証ができていない(代入値がnullならいいのか?とか)んですが、とりあえず初期プロパティをdeleteするとブラウザがクラッシュする場合がある(やPlayerのジョン、ブラウザのバージョンなどの切り分けも不明、同じものでもなったりならなかったりしてました)ということでメモ。
デバッグに付き合ってくれた方遅くまでありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です