カテゴリー
Cinema

コンスタンティン

050423.jpgCONSTANTINE
主演の。第2のマトリックスと世間での呼び声も高いこの映画。とりあえずいつものごとく深の六本木ヒルズに行ってきました。映画の途中でおなかが痛くなり一度に行ってしまった。後半も再び痛くなったが我慢してみていたら意識が遠くなった。
ということで虚ろな意識の中のレビュー。ネタバレ注意


---------- ネタバレ注意 -----------
的には話の全体的なンスと、主人公の立ち位置が非常に秀逸な映画だと思いました。ブレイド等を筆にこの手の映画は終劇に向けて異常な加速で膨張して観客不在な感じですが、これはその辺のバランスが心地よい感じ。(物足りない人はいるかもしれないですが・・)あと主人公の立ち位置がどちら偏るわけでもなく、バランスをとるという役割におかれているのが非常に興味深い。ただまぁ=善、悪魔=悪という感じではあるのですが、それぞれのバランスが大事だという考え方がの映画としては結構珍しいのではないかと思います。
キャスティングも結構秀逸でTilda Swinton、Pruitt Taylor Vince,Peter Stormareあたりがステキ。特にSwintonはもうステキすぎる。あぁ女神とはこんな感じなのかしら?とうっとり。映画の終盤でキアヌが彼女に踏まれるのですが、「あぁ、ボクも踏んでくださいーー」と絶叫(ウソ)ただキアヌ・リーブスはいつものごとくキアヌ・リーブスです。彼はどの映画でも変わらないですね。演技してるんだろうか?w
さてキアヌ・リーブスの悪魔系の映画といえば「ディアボロス」というアル・パ・チーノとの共演が話題になった映画があるのですが、ま、あっちは予想通りの後半拡散クソ映画です。(やたら説教くさいというか2時間で消化できてない典型的な例ですがw)
あっちを見てからこれを見るとこの映画がより引き立つのではないかと思います。
ということでSwintonのステキさとバランスのよさで★★★★!

「コンスタンティン」への2件の返信

おら達も見てきましたよ!
Tilda Swintonはマジで素敵でした。ハマリ役。美しすぎ。
私のブログにも書いてるんですけど、あの身体つきは天然?一部合成?と、謎です。

羽根は合成じゃないんですかぁ?w
一番最初のスーツ姿は往年のdevid bowieを見ているようですた。
ステキ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です