カテゴリー
未分類

asfunctionの罠

もうね、なんか2,3年前に引っかかって、再度また引っかかったのでメモしておく。
asfunctionにはスコープという概念はなく、そのテキストフィールドを基点として考える必要があるので、引き渡すメソッドはキチンと階層を記述した形にすること。
つまり叩くべきメソッド(ahoaho)の2階層下のtextFieldにasfunctionを埋め込む場合、
<a href=”asfunction:_parent._parent.ahoaho,hogehoge”>ホゲホゲ</a>
というようにキチンと書くこと。
もー、無駄な時間を使ってしまった・・。
自分にむかつくわぃ。

「asfunctionの罠」への2件の返信

今は全部classの中で書いているから、その辺またややこしいんですよねー。なんか固定の名前のオブジェクトとか存在しないし・・。あ、staticを指定すればいけるんだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。