カテゴリー
未分類

progression検証 #9 外部データ(xml)の読み込みIndex(CastDocument)編

前回(progression検証 #8 外部データをpreloaderで読み込むのをやめて挫折中)の挫折から、みなさまからアドバイス頂いて、Index(CastDocument)で読み込んでみます。
“CastDocument”クラスには一応”addCommand”があるのですがうまく動かないので(理由は良く分からない)、むらけんさんに教えてもらった形で、コマンドリストクラス”SerialList”で設定してみます。
オデは外部リンク、外部ファイル等のURL等をconfig.xmlの中で管理しているので、それを初期化の中で読み込むようにしてみます。(”Conf”と言うのは設定情報管理を行うオリジナルクラスです。)”Index”クラスの”_onInit”の中に以下のように書いてみます。
#code-1

動作としては”config.xml”の読み込みが完了してから最初のシーンに移動するという感じです。これでIndexクラスでの初期化作業も出来そうです。(実際にはLoadURLのエラー処理、loading状況の情報取得等色々入れないといけないですが・・)
ありがとうございました!
ADJ:2008/11/01 1:14
すいません、上記の部分環境を家に変えて実行したら”new Conf(this.data);”の部分で

[ERROR] コマンドで ReferenceError エラーが発生。
[ERROR] コマンドで ReferenceError エラーが発生。

になりました。Commandに入れていたのか記憶が定かじゃないですが、”new Conf(config.data);”が正しい記述になります。(多分w)
ということで上記コード修正しておきました。


次は外部イメージ、SWFの読み込みなどを行ってみようと思います。
今ここで”LoadChild(→flash.events.EventDispatcher)”と”CastImageLoader(→flash.display.Loader)”のどちらを使うか迷い中、それぞれの違い、利点を今調査中・・・。
“LoadChild”はcommandに対応しているので、処理待ちをしてくれる。但し本来MovieClipのLoadの用途だからかbitmapに関してのpropertyが無い。あとDisplayContainerを指定する必要がある。(BitmapDataとして持ちたい場合にどーするか?)
一方”CastImageLoader”クラスはbitmapのsmoothing等のpropertyがあるけど、コマンドリストに対応していない?
うーーんっと、眠くて頭が回らないので今日はこの辺で・・・・。
忘れないようにメモ:
“LoadChild”の”autoAlpha”を使うと”after”は”autoAlpha”が終わった瞬間に発動する。
LoadChild.loader.onCastLoadCompleteで取得したとしてもその瞬間に読み込まれたイメージのwidthを変えたりも出来ない。何か他にイベントがあるのか調べる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です