カテゴリー
Art Life

三鷹天命反転住宅とプロペラカフェとか・・・

090412a.jpg
以前エントリーした荒川修作氏のapeirophobia: 養老天命反転地の住宅版が三鷹にあるということで 建物見学会へ半澤家と行ってきました。
各部屋がプレキャスト製のユニットで構成、建物中心を取り巻く星上に配置されている。その各ユニットを各階、縦につなげたものを建物全体の構造として用いている。(平面構造はサイトに簡単なものが掲載されているのでそちらを参照) 部屋に入って最初に驚くのが、床が平面じゃないこと。荒い土壁みたいな材質で、不規則に凸凹している。小さな風紋のような感じ。また外観からみえる球体のユニットは、中に入っても完全球体(床も球面)だった。
090412b.jpg
説明を聞くと、床の風紋のようなものは大人と子供の土踏まずの大きさに合わせた凹凸で、知らず知らずのうちに床の凹凸に自分の土踏まずに合わせて歩くようになっている。また配色は視界の中に常に6色(以上?)が入ってくるように、また部屋の床と天井はそれぞれ上下5度の傾斜が付けられており、視覚的な遠近感が少しおかしくなるように設定されている。など。視覚に依存しがちな我々の日常生活を体感的な部分で微調整するような意思をもって設計されているっぽい。
見学した部屋は2LDKだったのですが、一部屋寝室として一般的な和室が存在しており、最初はそこが落ち着いたのだけど、しばらくするとその部屋が物足りなく感じてくるという不思議な現象が・・・。
マイソンもソラもこの不思議な空間が楽しいのか延々と遊びまくり。大人としては今ある家の家財道具をどこに配置するんだ?みたいな心配をするでしょうが、まぁ子供は遊園地みたいで楽しかろう。
実験的なアート表現ではなく、実際賃貸として運営されており、住んでいる人もいるというのがすばらしい。(この見学会もそもそもは入居者説明会?) ここに一年ぐらい住んだら自分の感覚がどんな風に変わるのだろうか・・・?ちょっと興味ありますが、まぁ多分オレは性格的にここには住めないだろう。
ちなみに施工は天下の竹中工務店。
見学会を終え、お昼は調布飛行場の近くにある飛行機の見れるプロペラカフェで。
プロペラカフェ
マイソンは飛行機見て興奮気味。落ち着きがまったくない。飛行機のおもちゃを一つばかりお土産に買ったらブーンブーン遊びまくっておりました。
090412c.jpg
その後飛行場横の公園でしばらく遊ぶ。
090412d.jpg
飛行機の形をした大きなジャングルジムのような遊具があり、結構な高さ(オレの背よりも高い)なのだけど、平気でそれに登って遊んでいるのを見て、ちょっと感動したというかびびった。久しぶりにあったソラ姉ちゃんとマイソンは二人でチョウチョを追いかけて走り回ったりと楽しそうでした。
その後溝の口に戻り、嫁さんが晩御飯の食材を買いに行っている間、駅前でライブをやっていたヒップホップのグループをマイソンと見学。かなり上手。グループ名はWHITEJAM。マイソンはグループのお姉さんに飴ちゃんを貰ったりしてご機嫌。演奏を聴いていると途中で警察登場。申請をしてなかったのか途中で中止。残念。マイソンがCDほしいというので、CDを購入。マイソンがそのグループのお姉さんに飴をあげたいと言って、お姉さんの前まで行ったのだけど、直前で恥ずかしくなって戻ってきた。段々とそういう感覚が身につきつつあるようだ。
ということで久しぶりに一日遊んだ。
で、ちょっと寝て27時ごろから仕事復帰。未だにSecurityDoaminでウニャウニャ悪戦苦闘している。

「三鷹天命反転住宅とプロペラカフェとか・・・」への2件の返信

すばらしいブログに紹介して頂いてありがとうございます!!こちらのブログから沢山の方々がHPをみにきてくれました!!
自分もこんなFUNKYな家に住んでみたいです。
WHITE JAMはいよいよ今年からお茶の間に登場しますので、マイソンさんにもどうかよろしくお伝え下さい!!
SHIROSE

ご丁寧にありがとうございます。家で聴いていて、嫁も何故こんなに上手な人が溝の口でやっているのか?と首を傾げていましたw
スケジュールをみるとしばらく溝の口でのライブはなさそうですが、また機会が合えばマイソンと一緒に聴きに行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。