カテゴリー
Life

愛情量の計算

最近長男が寂しい寂しいと口にする。
パパ・ママが弟ばかりを可愛がり、自分を放置しているように感じているらしい。
まぁそういうこともあるのかな?と思い、「弟が産まれるまではお前はパパ・ママを独占していたんだぞ、弟はそういう意味では最初から半分なんだぞ・・」と無難な返答をした。
それに対して長男は「弟はパパ・ママそして僕に可愛がられている、つまり3人分だ。もしパパ・ママが半分ずつ可愛がってるとしても2人分で僕と変わらない。そして僕は今パパ・ママの半分の1人分しかかわいがってもらってない。だから弟のほうが可愛がられている」とのたまった。
ほげー。その考えは無かったわ。
自分も長男だったけどそんなこと考えたことも無かった。(寂しいと思ったことも無かったかもしれない)
えらい繊細なんだなー。誰に似たのかしらんけど・・・
愛情の足し算に感銘をうけ、その晩は一緒に寝た。
しかしもう小学生の長男と一緒に寝るには布団が小さく、寒くて夜中に目が覚めた。
もう40を過ぎた自分は死にゆくだけだけれども、子供はすごいスピードで成長している。
本人はその成長を全く意識していないけれども、そのスピードは眩しく、神々しい。
未来は彼らとともにある

カテゴリー
Life

きこりん

住友林業のイメージキャラのきこりん。(きこりんの森
とても可愛くてフィギュアとか欲しいのだけど、残念ながら売っていない。(店舗にはおいてあるそうで、昔はプレゼントなどもあったらしく、ヤフオクで取引されていたときには10万以上で取引されていたとか・・)
そんなきこりんについてマイソンが教えてくれた話。
「きこりんは木でできていて、中にうちが入っているの」
「口の所が開いて階段が出てきて中に入れるの」
「自動車みたいに運転できて空を飛ぶの」
「景色を変えたいとき飛んでいくの」
最後の台詞を聞いたときに「移動」というものに対し視野がとても狭くなっていることに気づいた。
子供は色々なことを気づかせてくれるなぁと思った。
きこりん自作してみようかなぁ・・。

カテゴリー
Life

何も正しくない

なに一つ正しくない
文字を書けるようになって、ものすごく大量の手紙を書いている。
毎日家に帰るといろんな手紙が置いてある。
なかなか返事が書けなくって申し訳ない。
今日の夜に書いて、ポストに入れておこうと思う。

カテゴリー
Life

オジー

110624.JPG
私にとってオジーといえば蝙蝠を食べて死にそうになったオジーですが、マイソンにとっては「「オジギソウのオジー」
芽が出てきました。
毎日一生懸命世話してますが、過度の世話が相手を殺す場合もあるということをどう伝えるべきか悩んでいます。

カテゴリー
Life

運動会

110623.jpg
先週木曜日の午前中にマイソンの小運動会がありました。
なぜ平日なのかよくわからないけれど、色々あるのでしょう。
平日午前中にも関わらずたくさんの父兄がきてまして、場所取り発生して、おじいちゃんとかおばあちゃんとか大変そうでした。2階のベランダとか60歳以上に開放とかしてあげればいいのにね。
年長さん組はマット運動(前転+飛び込み前転をして、リレー競走して、最後にダンス。
マイソン相変わらず一人挙動不審で常時先生に怒られていた。
先生が常に横に配備されていた。要注意人物ということなのだろうか・・・。
先日幼稚園の子供達から
「アッキーはすげー先生に怒られているよ!」
「アッキー部屋から締め出されて泣いていたよ!」
という旨の密告を受けた・・・。
どうも集団生活に問題があるようである。
自分も問題のある子どもだったのでとやかく言えないのだけど、年をとってわかったことは我をそこまで貫かないと手に入らない物ってそんなには無い。そうせずとも手に入れる術はあるし、そこまで人の助けでより効率的に、そして予想しなかった方向への道も手に入れることができるってこと。
まぁうまく伝えられないけれども・・・。
何歳ぐらいになったらそういう年長者の言葉を素直に受け入れれるようになるのかな?

カテゴリー
Life

恐怖お掃除ロボット

お掃除ロボットに怯え、絶叫する二號。
ルンバのパチモンを買ってみた。
性能はまだわからない。
ただ二号は恐怖におびえて泣き叫んだ。

カテゴリー
Life

パソコンごっこ

マイソンがパソコンごっこしろとねだる
マイソン初號の遊びの一つ、「パソコンごっこ」。
紙で作ったパソコンと携帯電話でメールを飛ばしあうという遊び。「パパぁ、メール送りまくろうぜ!」という感じで誘ってくる。
実際の遊び方は、「ピピピ」とキーボードを押して「メール送信!」と言った後に、送信メッセージを口頭で相手に伝える。という流れ。つまり普通に会話している状態と同じなのだが、メールを読んでいるという仮定を一つ設定するだけで普段の会話では話さないようなことが結構話せることに気づいた。
マイソンから手紙で「パパ、いつもお仕事頑張ってくれてありがとうね」という内容のものを良く頂くのだけど、これに似た内容をマイソンは「パソコンごっこ」で送信してくる。かなり手紙に近い感覚を自然と持っているのだと思う。そして幼稚園の話とか、確認事項とかも、通常の会話では照れたり、とっ散らかってしまうのだけど「メール」という仮想フィルタを入れることで、彼の頭の中で一度最適化され要点をまとめた非常にシンプルな文章になってアウトプットされてくる。
これはなんかすごい発見だと思った。
しかし反面、何故こんな面白くない遊びを思いついたのだろう?と考えると愕然とする。
いつも家でPCをしかめっ面で見ながら「今メールしてるから遊べない、ちょっと待って」と言い続けているワタシに合わせて、彼なりにワタシと遊ぶためにこの「パソコンごっこ」を考えてくれたんじゃないかと思うと、もう本当に申し訳ない感じで、もっと遊んであげないとと思う。
2年前の秋からほぼ休みなく働き続けているので疲れてもいるが、それよりも家族のケアが出来てないことを真剣に受け止めて、なんのための人生だっつーことをキチンと考えようかと思った。

カテゴリー
Life

お知らせ:プリンが亡くなりました


3月27日15時頃プリンが亡くなりました。
新幹線での移動中、キャリアの中に入った状態で、私の足元で亡くなりました。
死因は分かりません。
毎日幸せだっただろうか?
良い飼い主だっただろうか?
最後辛かっただろうか?
早く気づいてやれなくって、
ほんとうにごめん。
もしあの世でまた会えるなら
許されるなら
また一緒にあそんでほしい。
この世で一番かわいくて甘えん坊でやさしくて、フカフカした君へ。
ぼくはきみに出会えてとても幸せだった。
明日からもうきみがいないとおもうと息が詰まる。
本当にいままでたくさんありがとう。力不足でごめんなさい。
※写真は新幹線に乗ってすぐの時の写真です。この約3時間後に亡くなりました。
※26時ごろ荼毘に付し、骨上げしました。今は立派な骨壷の中に収めていただいています。
最後にプリンを愛してかわいがってくださった、たくさんのみなさま。
プリンになりかわりお礼させていただきます。ありがとうございました。
みなさんにかわいがっていただけて、プリンは本当に幸せだったと思います。
またどこかでパグを見かけたら、ほんの少しプリンのことを思い出してやってください。

カテゴリー
Life

He said…

初号:「パパ歳をとっておじいちゃんになったら働けないでしょう?」
初号:「ママもお婆ちゃんになったら働けないでしょう?」
初号:「2人のお仕事代わりにアッキーがしてあげる。」
初号:「大変だけど」
初号:「お金をいっぱい稼ぐから、半分をあげるね」
ワイフ:「ありがとう、でも気持ちだけでいいんだよ」
初号:「気持ちだけじゃ駄目でしょう~~」
・・・一定どこでこんなことを考えているのだろうか・・・?
うれしい半面、5歳の子どもにここまで考えさせているかもしれない家庭環境に不安を感じた。
実際徹夜仕事に付き合ってもらって、事務所の床で寝てたりするもんな・・・。
子供なりに大変さを体感しているのだろう・・・。
今年に入ってまだ1日しか休めて無いことを考えると、ひどい親だなと反省する。
スマンス。

カテゴリー
Life

マイソンのおすすめ商品

「スイブルスイーパ-G2」
現在ショップジャパンで紹介されている商品。充電式電池で稼働する、軽量のハンディ掃除機である。
そしてマイソンイチオシの商品である。
数週間ほど前、マイソンはこのCMに出会った。
何かのスイッチが作動し、食い入るように画面をみつめ続け、30分の商品紹介を完聴した。
以後この商品に魂を売り飛ばし、セールスマンと化した。
「スイブルスイパーダブルジーツーは軽いから階段も掃除できるんだよ」
「スイブルスイパーダブルジーツーはスイスイ曲がるんだよ」
「これパパに買ってもらおうよ!」
「みて!ほら、みて!ほら!」
CMの中でたくさんの手が商品の箱を取り去っていくシーンがあるのだが、そのシーンになると
「早く買わないとなくなっちゃうよ。」
「もうないんじゃない?」
「あ~あ、早く買わないからぁ・・・」
と小癪なセールステクニックを展開する。(どこで覚えたんだ?)
さて、今日も「スイブルスイパーダブルジーツー」の紹介を家族で見ていた。
番組の最後に衝撃の告白があった
1台のお値段で2台!
1台のお値段で2台!
「お隣さんと一緒に買おうかしら・・・」
嫁がつぶやいた。
テレビに向いたマイソンが、ニヤリとした
・・・気がした。
子供をだしにして商品を販売するのは、商売の鉄則。
こんな商品でも子供から取り込むとは、侮りがたしショップジャパン!