カテゴリー
Fights 未分類

1990年代

確かに1990年代のプロレスはとても面白かった。
プロレス自体は1980年代が話題先行だとしたら、1990年は深化したような印象。
1980年代のブック的プロレスのアンチテーゼとしてUWF、RINGS等の後の総合系の礎となる団体の出現がプロレス界に与えた影響で、ブック的な展開(両者リングアウトとかの不透明な結果)が少なくなった。それまでのファンにとってはとてもありがたいものがあったが、マスコミ的には話題として扱い易いネタが少なくなったとも言える。結果露出が減り新規ファンの開拓は頭打ちになったようにも思う。
1990年のプロレスが盛り上がっていたとしても内部的な話しであり、社会的にはテレビ放送が深夜枠になったり結構しんどい状況だったと思う。かといって新規開拓を怠っていた訳でもないのだろうけど、結果として新規流入口は地上波放送をやっていたK1や総合系となり、そこからプロレスへの流入が無かったと言うのが非常に辛かった。これは総合系にとっても長期的に見れば痛手であって、本当はセメントxブックの構図が描ければよかったのかも知れないと今になって思ったりする。(今の総合、K1の低迷を見ると・・だけど)
簡単に言うと1990年のプロレスは「ガラパゴス」的な存在だったのかも知れない。
良い悪いはさておき、非常に濃厚な時間だった。
ただ今の状況は非常に芳しくは無い。何か打開する術はないのだろうか?
個人的には猪木はあまり好きではないけれど、彼のようなエンターティナーとしても優れたプレイヤーの重要性をヒシヒシと感じる。やはり猪木x馬場という両輪が日本のプロレス黄金時代を作った大きな要因なのだろうなと今になって思う。
もうすぐ三沢の1周忌がやってくる・・・・。

カテゴリー
未分類

サイモン&サダハルンバ

憂鬱な記事を二つほど・・・。
先日のHERO’sで所に惨敗した金子賢が早くも大晦日の参戦が決定したらしい。
谷川ボブサップ、曙と人を見る能力に進歩が見られない(というか退化している節もある)
K-1も館長がいなくなってから果たしてどれだけのスターが出てきたか?と言われると全然思いつかない。結局館長の遺産を食い潰してなんとかここまで来たという感じ・・・。
はたして前田はどこまで我慢できるのだろうか?
新日本のサイモン社長が29日に蝶野と戦うらしい。
ヴィンスの真似なのだろうけど、まぁ日本ではどうだろう?
WWEほどに純粋にエンターテイメントに特化できてない日本(特にストロングスタイルの亡霊に取り付かれている新日本)では楽しむに楽しめない結果になりそうな予感がする。
これはサイモンだけに非があるわけではなく、選手の曖昧なスタンスも原因なのだけど・・。
そんな中飯塚が永田とタッグを組むらしい。飯塚は好きな選手だがどうも運に恵まれていない。性格的な問題なのかしらないが、永田なんか差し置いてガツンといってもらいたい。いっそのこと蝶野と組めばいいのだ。
どちらにも言えることだけど、視聴率は大事だけど日和るな!それは多分逆効果だ。新日本とHERO’Sはストイックに強さを追及していけばいいのだ!RINGSやUWFとまでは言わないから初期のK1を思い出してもらいたい。

カテゴリー
Fights 未分類

帝王復活

高山が脳梗塞から2年ぶりにリングに復帰。
三沢・秋山×高山・健介
良かった。もうリングインからしびれまくり。
試合はところどころスタミナ切れみたいなところは感じられたけど、要所要所のアクセルの入れ方はやっぱ天性のセンスがあるなあ・・。麻痺していた右足も最初リングインのときにロープに足が引っかかっているのを見て心配になったけど、試合中は見た感じ普通に動いているように見えた。そしてそれに対しての三沢、秋山の攻めも良かった。DDT、エルボー、ジャンピング・ニーと頭部に容赦ない攻撃を仕掛けていた。
脳梗塞後には俳優等のタレント活動を行っていたので、わざわざリスクの高いプロレスに戻ってくることはないか?と思ったけど、やっぱプロレス好きなんだなあ・・。
帝王復活おめでとう!
やっぱプロレスは最高だ!

カテゴリー
Life

耄碌日記 5/21

050521.jpg
今朝の建物探訪はプロレス好き一家のお宅訪問でした。同じぐらいの年齢のお父さんなのですが、あんな立派な家を建ててすごいです。雲泥の差であります。その後プリンを連れて散歩に行ったのですが、近所の人10人ぐらいと道で会うたびに井戸端会議。結局散歩から戻ったのは約2時間後・・(;´Д`)ま、プリンはその間殆ど寝ているのですが・・・・。井戸端会議の議題はもっぱらプリンの出産の事と、先日の火事のことですが・・・。その後事務所でもくもくと仕事。写真は今朝のもみじ。

カテゴリー
Fights 未分類

プロレス雑記

この1週間は結構色々な事がありました。ということで箇条書き
1)前田ヘラクレス開催
急すぎる、なぜサップ?なぜ曙?ものすごい諸刃の剣だと思うが・・・。
正直現役の前田を知らない人はカード内容で判断するしか前田という偶像を判断するしかないのだけど、そのコマが不足している気がする。(正直今の格闘技界で活躍している面子は猪木というよりは前田の系列なのだし、その辺高田道場とかうまく使えんもんかいな?)
2)小橋王座陥落
むむむ、力皇がチャンピオンになりました。でも試合内容もよかったみたいだし。そういった意味では王座陥落が王座の価値を貶めるどこかの団体とは違って安心はしていられるなあ。そういえばこないだ横浜で力皇にあった。
3)川田全日本離脱
これが結構衝撃。三沢をターゲットにするか??今のノアに足りないのは殺伐感。秋山ががんばってはいるものの、秋山はどちらかというと策士なので、ちょっとその辺物足りない部分もある。川田がノアにきたらまたそれはそれで面白いんじゃないかと思う。

カテゴリー
未分類

蝶野よ

蝶野激怒!全日本殴りこみを示唆 ref:日刊スポーツ
全日本でやるとか新日本でやるとかそういう小さいことを言ってないで、黙って全日本に乗り込んで取り返せよ。場所なんてどこでもいいだろ。なんだよ興行収入気にしてんのかよ?そんな裏事情とか俺らに向かってポージングしてアピールしてんじゃねえよ。IWGPの価値を自分たちで落としてんじゃねえよ。
そもそも全日本はダブルタイトル戦に三冠をもって新日本のリングで試合したんだろ?その試合に負けた団体がなに吠えてんだ?しかもみみっちいことで・・・。
蝶野までこうなるともう新日本は本当にがっかりだよ。
さっさと倒産してしまえ。