カテゴリー
Bookmark 未分類

先週のURL

カテゴリー
Bookmark 未分類

先週のURL

カテゴリー
Bookmark 未分類

先週のURL

たまらん!!東京版でも作ろうかしら・・。ってそんなフットワーク軽くないか・・・

庵野さん、ヤマトだけじゃなくてこちらもやってるのか?エヴァはどーなる?

こういう条件制約に対してみんなで頑張るというのは、外で遊んでいるのに近い自然の体感ができて良さそう。

段々とこういうリスク回避的なアプローチが出てくると、商品としての初速が終わった感じがある。

カテゴリー
Bookmark 未分類

先週のURL

世界展開ねぇ・・・言語の壁は大きいのかしらねぇ・・・

非常に示唆に富んだ記事。UXという思考に対して我々は盲目的になりすぎていないか自戒

メモ

クマムシ人間とかできるのかしらね?いや、人類全部クマムシになれば良い

カテゴリー
Bookmark 未分類

先週のURL

そうかー。そうなんかー。

内容はどうでもよいのだけど、表現が残念

アートも似たような話はある。音楽はたまたまビジネスとして成立する瞬間があったけれど、それ以外のアートは権威の傀儡から抜け出る機会もなく、そのことをひた隠しにしている印象。村上隆がその現実を突き付けている印象はあるけれども・・・

こんなのあるらしいですよ、奥さん。

カテゴリー
Bookmark 未分類

先週のURL

小田さんの記事。「いいちこ」のポスターとCMは誰でも知ってるよね。

頼みたいけどどこに頼んだら良いのかわからない。という話は結構日常的にあるわよね。

画面の色がすごい。しかし内容も苫米地という天才がみたTPPのリスクという観点でとても興味深い

権力というのはどこが持っても権力であってね。個人的には一元的な管理自体が不健康な構造ではないかと思ったりします。

カテゴリー
Bookmark 未分類

先週のURL

シャボン玉マシーンを作りたいなと思っていたのでメモ

すごいキレキレ!きゃりーぱみゅぱみゅのダンサー(小学生らしい)の動きに似ている。振付師の人の話では小学生以上になると筋力と体重のバランスが崩れてああいうキレキレな動きは出来ないんだそうで・・・

色々なアプリのトランジションをムービーで集めたサイト。見て思ったのだけど操作系トランジションを自分で操作しないで見るとよくわからないですな。(当たり前)

知り合いのカメラマンの方が使っててテンション上がった。メモ

メモ

行かねばメモ

重力場が簡単にイメージできるな。ちょっと原さんの蹲「方寸」 | WORKS | HARA DESIGN INSTITUTEを思い出した。

影は人間が最初に認識する写像で、表現の世界で重要なファクター

カテゴリー
Bookmark 未分類

先週のURL

素敵ですな。ただその線が針で消えるっつーのは禅的ではないかなと細かいことを思ったり・・・。いや、でも素敵なので良いです。

オリンピックエンブレム次点だったという原さんの案が公開されました。合わせて審査員側からの情報公開のこちらも 008 修正案承諾拒否の経緯と理由 – vol.2 | HIRANO KEIKO’S OFFICIAL BLOG

脳波。

着々と・・・

カテゴリー
Bookmark

先週のURL

期待大過ぎる。日本で上映できる映画館はまだあるのか・・・?

ユニクロ柳井氏の寄付で開発されたアプリ

途中までは良かったが、後半メンソール批判、ゴールデンバット自慢と流れ「あれれ?」とした後に、最後「最後に私の家庭事情を告白したい。私が自宅で何度もタバコを吸いながら居眠りをしたせいで家を燃やしかけ、女房にカンカンに怒られ、室内での喫煙を禁じられてしまった。そのせいで喫煙をするにはベランダに出る必要がある。大雪や嵐の日には、70歳にならんとする私が命懸けでタバコを吸っている。ここまでしてタバコを愛する人間をJTは大切にすべきではないか。」この一文を持ってくるところがさすが飯島氏。

カテゴリー
Bookmark 未分類

先週のURL

いいわぁ・・このまま突き進んで欲しい。寄藤文平さんのようになっていただきたい。

申し込みを完全に失念していた。無念すぎるメモ

こういうのを突き詰めていくと、銃で撃たれた時、飛び降り自殺した時などの感覚の再現なども可能になっていくのだろう。こういう感覚を「疑似体験」として教育的に使う流れもあるのかもしれない。士郎正宗の予想した世界は着々と現実化しているのを見ると歴史的にアシモフと肩を並べるレベルになるのかしら?と思ったり思わなかったり(小説では当然そういう表現は既出だったけれどもそれをビジュアルイメージとして具体的な形で提示したという意味では士郎正宗の功績はかなり大きいのではなかろうか?)

テレビの力はやはりまだまだ大きいなぁと感じる

時計つながりで、最近素敵だなあと思っているのはHaldimannのH8,H9。もう全然時間とかわからないんだけど、「時間を知る」のではなく「時間を感じる」というコンセプトが好き